たかはしの自己紹介

たかはし プロフィール

宮城県仙台市出身
家族 妻とうさぎ1匹
資格 宅地建物取引士 他
趣味 筋トレ・楽器演奏(ドラム)・旅行・ラーメン屋巡り・うさぎと遊ぶ
学歴 東北学院大学 経済学部経済学科 卒
社歴
2013年 入社 湘南辻堂営業所配属
2014年 新人賞受賞
2015年 全社(半期)トップ営業マン表彰
2016年 新宿営業センター異動
2017年 主任昇格
2019年 係長昇格 全社仲介実績(半期)2位表彰 ~現在に至る

たかはしはこんな人?

庶民育ち、幼少期は実家の水とガスと電気が止まって公園に水を汲みにいったことも。若白髪に悩む少年時代。性格はマイペース、営業マンなのに意外と人見知り、小さいころから人生山あり谷ありと知ることでトラブルに強くだいたいのことには動じません(笑)
中学から大学までは剣道一筋、東北大会手前まで行くも全国には届かず。中学~高校までの6年間はずっと五厘刈り、坊主の青春時代を過ごしました。

大学時代に3.11にて被災。幸い命に別状はなく家族もみな無事でしたが、震災の恐怖を身をもって知りました。
「都心で働きたい」と漠然な目標にて就職活動をスタート。
就活中は仙台⇔東京間を40往復以上。節約のため移動は全て夜行バス、バイト代は全てバス代に消えました。

大学4年の4月に某大手企業内定、大学の単位も取り終えていたので東京の友人宅に間借りしつつ東京丸ノ内で働き始める。
仕事もぼちぼち慣れてきたあるとき、「5年働いてもここでは自分が求めるスキルを身に付けられないのでは」と危機感を感じ、大学4年のお盆前に内定辞退。突如無い内定に逆戻り。

2度目の就職活動で朝日リビングと出会う。印象的だったのは当社代表の田代と一対一での最終面接。2時間膝を交えて話し合い、自分が求めるスキルが得られることと、心からこの会社で頑張っていきたいと思えたことが決め手で入社。今でも覚えていますが、最終面接が10月1日、世間一般では内定式の日です。晴れやかな就活スーツの学生たちの中で神妙な面持ちで駅のホームに佇んでいました(笑)

朝日リビング入社~3年目

横浜市の戸塚に引っ越し、右も左も分からない状態でスタート。まずは担当エリアの地理を覚えたり業務でも覚える事が多く大変な日々ではありましたが、上司や環境に恵まれたことが大きく徐々に結果を出せるようになりました。入社2年目で営業実績全社3位の表彰、バブルの時代を除くと過去最高実績の新人賞表彰を受賞。この頃が人生の中で一番ハードワークをしていた時期です。
仕事自体は嫌じゃなかったのですが、なんやかんやで忙しくいつ休めば良いのかが分からなくなり体調を崩すことが増えました。
良いパフォーマンスを発揮してお客様にももっと満足して貰えるよう、自分自身の働き方を見直すいいきっかけにもなりました。

朝日リビングはこの業界では珍しく、社員同士がいい意味でアットホームな環境です。

野球未経験でしたが、面白そうなのでダイナマイツサンライズ(朝日リビング公式野球部)に入部。

大学時代にドラムを齧っていたので、上司に誘われ朝日リビングバンドに参戦。年イチくらいで朝リビライブを開催しております。

ちなみに、なぜドラムをやっていたかというと、ギター・ベースは指の動きが難しくてすぐ挫折。体で覚えるドラムが自分に一番合っていたからです。

出来事~

入社1年目は「宅建取得」に燃えていました。やはりこの業界では宅建取得はマストです。宅地建物取引士の試験は1年に1回しか受験チャンスが無く、先輩社員から「立ったまま勉強法」「受験前仕事休んで合宿法」などいろいろユニークな勉強法も教わりつつ猛勉強、なんとか1年目で宅建取得。

続いてプライベートです。24歳のときに今の妻と出会いました。5つ年上の妻ですが「この人しかいない」と付き合いはじめた当初より猛烈アプローチ。2回のプロポーズを経て26歳で入籍。
もともと出不精な考えで、旅行もほとんどしない、海外も行ったことがない、そんな人生でしたが、妻の影響で旅行や海外旅行に行くようになりその考えも一新。

新婚旅行は「どうせなら一生行かないようなところに行きたい」とのことでバミューダ諸島を選択。人生2回目の海外旅行で急にハードルが高い所に行きました。
海の色・空の色が見たことの無いような色で感動。あとは皆さんめちゃめちゃ親切。タクシーに乗った際にに忘れ物をしてしまい、連絡先も分からないので諦めていたところ、その話を聞いていた教会の神父さんが「あぁ、その人なら知ってるよ!」と謎のバミューダ島ネットワークを駆使し……なんと忘れ物をわざわざ届けに来て下さいました。涙が出るほど嬉しかった思い出が有ります。

入社4年目~現在

社内で新規で立ち上げた新宿営業センターへの異動の話を頂き、都心で挑戦するまたとないチャンス!と二つ返事で快諾。
が、最初の1年は今までの下積みがない状態での新規開拓がうまくいかずに苦戦を強いられました。
苦戦が続く時期に私を助けて下さったのはお客様の方々。いままでお取引させて頂いたお客様がお買換えのタイミングでお声がけして下さったり、知人やご家族の方をわざわざ高橋指名でご紹介いただいたり、段々と都心エリアの不動産業務を覚えていきました。

2019年、半期全社2位の仲介実績にて表彰。
仕事と家庭を両立したワークライフバランスの実現、自分自身の知識のインプット、心身ともに健康的な生活(ジム通い)、これらを実現した上での全社2位は自分にとって大きな意味を持つ結果となりました。

「家庭を疎かにする人はいずれ仕事もうまくいかなくなる」と私に叩き込んでくれた今の上司と、いつも支えてくれる妻には心から感謝しています。簡単な自己紹介となりますが、最後までご覧いただきありがとうございました。 高橋