戸建て VS マンション 修繕費用について考える

戸建て VS マンション 修繕費用について考える

今回は、戸建住宅とマンションの長期修繕にかかる費用についてのお話です。

マンションをお持ちの場合だと、毎月の管理費・修繕積立金が引落しとなっている方が多いかと思います。

一方で戸建住宅にお住まいの場合には、毎月のこうしたランニングコストがかからない分、不測の出費として修繕費用が発生してしまうケースがあります。

戸建住宅の長期修繕でチェックすべき項目

戸建住宅の場合だと、修繕箇所としては「壁・外壁」、「屋根」、「トイレ」といった箇所が上位にくるようです。

戸建住宅の屋根や壁を修繕(塗装工事など)する場合には、足場を組む必要があります。
修繕にかかる費用については、平均約100万円前後が多いようですが、建物の大きさや建物のまわりの状況(そもそも通常の足場を組み立てることができるか)によって価格は前後いたします。

もし外回りの修繕を検討されている場合には、屋根の修繕、壁の修繕とまとめて実施した方がトータルとして費用を抑えることができる場合が多いです。

戸建住宅の修繕の時期

修繕の時期についても、平均すると15~20年で1回という回数が多いようです。
ただ、この数字の中には、実際に雨漏りがしてしまったために修繕した、というように予防ではなく被害への対処とする工事も含まれます。
建物の維持管理及び予防という面から考えると、もう少し短いスパンで考えた方がよさそうです。

戸建住宅を持っている方は、自主的な修繕積立金制度を検討してみる

仮に安心な長期修繕計画の設計を検討した場合、15年に1回のペースで200万円の修繕費が出費される、とスケジュールしてみます。「毎月1万円を積み立てていけば、15年後には180万円を用意することができます。」

実際に戸建住宅にお住まいの方で修繕積立金を用意している方は1割未満のようですが、建物の維持管理の面からは、修繕費用として自主的に積み立てていくのは賢い選択かと思います。

また、積立をしない場合でも、15~20年くらいで約200万円の費用が発生する、という認識は持っておきたいものです。

戸建住宅の購入を検討される場合

最後に修繕を行ったのはいつなのか、現時点で心配している箇所はあるのか等もしっかりヒアリングしたうえで、実際に物件をチェックするようにしましょう。

続きまして、マンション編です。

マンションの長期修繕でチェックすべき項目

マンションの場合は、「外壁修理」「屋上防水」「耐震診断・耐震補強」あたりがよく長期修繕として話題に出る項目です。

マンションの場合は建物全体にネット・シートを覆いまわりに足場を組んで工事を行います。
修繕にかかる費用については、平均すると約1000万円~3000万円が多いようです。(2013年 東京都都市整備局 マンション実態調査結果より)
こちらも戸建てと同様に、建物の大きさや建物の形状によって価格は前後いたします。

マンションの修繕の時期

修繕の時期については、マンションの場合はほとんどが定期的に実施されるため平均すると10~15年の間で1回実施するところが多いです。

マンションの修繕積立金はマンションによって異なる

マンションの修繕積立金は誰が決めるかといいますと、「管理組合」そう、お住まい頂いている皆さまです。ただしほとんどの場合は委託しているマンション管理会社の長期修繕案に準ずる場合が多く、マンションによって、管理会社によって、積立金を上げるべきか否かの提案や判断のタイミングは異なります。

マンションの購入を検討される場合

毎月の積立額はいくらか、1年間でマンション全体としてどのくらいの金額が積み立てられているか。今現在どのぐらいの貯金(修繕積立金総額)があるか。「重要事項調査報告書」や「長期修繕計画書」といった資料で確認することも可能です。内覧の際には不動産営業マンに聞いていただくことをお勧めいたします。

こうした注意事項を全てご自身でチェックすることは難しいこともありますので、その場合には信頼できる不動産エージェントと一緒に物件の見学に行っていただければと思います。

安心できる営業マンに売却をお願いしませんか?

CTA-IMAGE

私たかはしは、初年度に宅建取得、入社3年目にトップ営業マン表彰を受け、入社4年目で新宿配属となりました。
新宿という都心で頑張っていますが、もともとは東北から出てきた田舎者です。今でも売主様の物件の草むしりからお手伝いする初心を大切にしたいと思っています。
「押さない営業」スタイルを売りとし、売主様にも買主様にも迅速で気持ちのいいお取引になるよう心がけています。


たかはしにご連絡の際、当サイトから直接お問い合わせいただけますとスムーズですので、ぜひご利用ください。