2019年7月2日リニューアル。営業マンの不動産解説ブログ「YASAshige(やさしげ)」

群馬の隠れた観光スポット、みなかみ町のおすすめ

群馬の隠れた観光スポット、みなかみ町のおすすめ

こんにちは、高橋です。
突然ですが、群馬県の温泉街といったら一番有名どころは草津温泉ですよね。

今回は、隠れた名所「みなかみ町」のご紹介!
みなかみ町は、日常を全てを忘れてリセットしたいときにぜひ行って頂きたいです。何もかも癒されます。

みなかみ町観光スポット、水上駅前の商店街

JRみなかみ駅の駅前商店街。ちょっとした地産地消のお土産を買うのにピッタリです。

 

東京から、高崎経由で行くと在来線でも3時間ちょいあれば行けちゃいます。乗り換えも少ないので意外と便利だったりします。

みなかみ町で、是非行って欲しいおすすめのお蕎麦屋さん

水上駅前で、私がぜひ行ってほしいと強くおすすめするのがこちらの蕎麦屋さん

実はここ、去年ふらっとみなかみ旅行に来た際になんとなく立ち寄った蕎麦屋さんなのですが、あまりの美味しさに驚愕・・・・2日連続ここでお昼を食べて帰るというドハマりをした経緯があります(笑)今年も美味しくいただきました。絶対食べて欲しい一品、舞茸天ぷらそば。

美味しさの正体はやはり水でしょうか。水がうまいと、蕎麦がうまい。舞茸はみなかみ町のブランド舞茸「すくよか」という品種らしいです。普通の舞茸よりだいぶ大きくてボリューミー?ジューシーで食べ応え充分です。

みなかみ町観光スポット、利根川

利根川は、日本一の流域面積を誇り、日本で2番目に長い川です。その源流がここみなかみ町です。

特に何をするでもなく、川沿いで水の流れる音を聞いているだけで癒されます。水も透き通ってて本当に綺麗です。アクティビティもあるみたいで、個人的に興味があるのはラフティングバンジージャンプですね!

みなかみ町観光スポット、上牧温泉

去年は水上温泉郷の旅館にお泊りしましたが、今年はその隣の上牧温泉へ。こちらもみなかみ町にあり利根川沿いにある温泉スポットです。
いつも私の旅行のマイルールなのですが「旅行は素泊まり」。なぜなら各地で食べ歩きたいから・・・今回は珍しく食事つきのお泊りです。結果、大当たりでした(^-^)今回お世話になったのは、辰巳館さん。

なに食べても美味しい・・・。みなかみ町来てから食べ物の記憶は良い記憶で埋め尽くされています。温泉も、庭園露店風呂や”はにわのいるお風呂”(!?)などなど、気持ちよかったです。ギリギリほたるが見れるシーズンで、最初にこちらの旅館を選んだ理由も、ほたる鑑賞スポットから一番近くさらにほたる鑑賞スポットまで旅館の車で送ってくれるという条件でした。

お目当てのほたるを見ることが出来ました。(シーズンは6月中旬~7月初旬位とのことです)

みなかみ町観光スポット、月夜野びーどろパーク

美しいガラス細工が並ぶ月夜野びーどろぱーく。ここはですね、なんとガラス職人の職人芸を目の前で見学できます。ガラス職人さんは凄い。ガラスを溶かしたりふくらましたり成形したり、色んな工程が見れるのでここで30分くらい張り付いて見てました(笑)

ガラス制作の体験もできるみたいです(要予約)

みなかみ町観光スポット、谷川岳

たまたまですが、行ったこの日(7月2日)が「谷川岳の日」でした。山開きをするようですね。冬季、スキーは5月までやっていることもあるようです。関東では恐らく一番長くやっているスキー場でしょうか?

ドライブインのお土産屋さん。

凄くフレンドリーで良い方で、妻と付き合った記念日が7月2日なんですよ。って話をしたら「あら~!谷川岳カップル!素敵!」と熱いお祝いのお言葉を頂きました(笑)群馬の方って、みなさん親切で優しくて良い方ばかりで大自然だけじゃなくて人の暖かさにも癒されます。

みなかみ町の帰り道に立ち寄ってほしい、道の駅 川場田園プラザ

とてつもなく大きい道の駅です。半日近くいてもまぁまぁ楽しめるくらいボリュームある道の駅。群馬方面の旅路に立ち寄ると思い出がまた一つ増える事間違いなし。

絶対に食べて欲しい。道の駅 川場田園プラザ おすすめグルメ

1.ミート工房の「山賊焼き」
2.カフェ・ド・カンパーニュの「クレープ」

この二つは外せません。どちらも敷地の一番てっぺん(奥)らへんの場所にあります。後悔はさせません!

観光地草津とはまた違った魅力の多いまち、みなかみ町。いかがでしたでしょうか。
そもそも私がみなかみ町に旅行に行こうと思ったきっかけが「観光客が少なくて静かそうだから」というしょうもない理由で旅行したのがはじまりでしたが・・・去年はじめてみなかみ町に行きその魅力に気づき、今年も行き、来年も行く予定です。気づけばヘビーユーザーです。

この夏の旅行に、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。高橋でした。