不動産営業マンが解説する、不動産一括査定サイトの裏話。一括査定サイトで気を付けるポイントとは?

不動産営業マンが解説する、不動産一括査定サイトの裏話。一括査定サイトで気を付けるポイントとは?

不動産営業マンが解説する、不動産一括査定サイトの裏話。

不動産一括査定サイト、迷っちゃうくらい色々なところがありますよね。ネットサーフィンをしていると、いまやいろんなところに広告が出ているかと思います。
さて、ここから問い合わせると不動産会社はどんなアクションを起こすか?解説します。

電話!とにかく電話!不動産会社はまず問合せした方とお話がしたいです。

一括査定サイトで物件情報や連絡先・氏名などの個人情報を入力、問い合わせをするとまず電話が来ます。不動産会社からの電話です。
「反響即電話」ほとんどの不動産会社の鉄則です。アポイントを取り付けたいので、あれよあれよと突然いろんな不動産会社から電話がかかってきます。気軽に一括査定をご依頼された方は、たいていここでびっくりします(笑)
ただ、不動産会社側から連絡(電話)する理由っていろいろあるんですよね。
・打ち込まれた情報が不足している、もしくは誤っているので査定する不動産の特定が行えない。
・不動産所有者と査定依頼者との関係性の確認(本人や家族なら良いですが、部外者の依頼で人の不動産を査定されてたら怖いですよね)
・室内状況やリフォーム状況など、査定に必要なプラスαの情報が欲しい。
・近々売却する予定なのか(急ぎなのか)

ほかにも色々とありますが、ざっと挙げるとこんな感じです。一括査定の入力フォームは比較的簡易的なものになっているので、その他不動産屋目線としては気になることがまだまだあるんですよね。でも、平日の日中なんかはお仕事もあるし全部の電話対応をするってことは難しいと思います。

一括査定サイトの活用ポイント。”ある一言”を追加することが肝心!

世の中、電話嫌いの方や知らない電話から着信があっても出ない方って多いと思うんです。(私もプライベートの携帯は基本的に知らない番号からは出ません(笑)
一括査定の打ち込み備考欄等に、「メールでの連絡希望」や「土日のみ電話可能」「平日は20時~21時位は電話可能」と都合の良い連絡方法を書いて下さい。ちゃんと見てくれている業者さんなら、希望通りの連絡方法で対応してくれるはずです。逆に、書いたにも関わらず仕事中ガンガン電話かけてくるような業者はそこで関係を切っちゃえばいいんです。

一括査定サイト、査定額のブレをどう見るか?気を付けるポイント

自宅を売却しようと一括査定サイトを利用したYさん。一括査定サイトを使い不動産価格査定を例えば5社に依頼したところ、下記の査定結果が返ってきました。
A社:2700万円
B社:2850万円
C社:3800万円
D社:3000万円
E社:2800万円

5社の中で一番査定額が高いC社さんに決定!これから売却をスタートしましょう!
・・・さて、これで問題ないでしょうか。嬉しい気持ちもありますが、ちょっとだけ深呼吸して落ち着きましょう。我々不動産会社が提示する査定額というのは、「必ず売れる金額」ではありません。
あくまで「当社はこのくらいで売れる想定をしています」という金額なので、必ず売れると確約できる金額ではないのです。

やけに高い査定額に注意!こんな不動産会社にご用心

上記のC社さんのように「普通に考えたらどう考えても高いであろう査定額」ですが、結局売れない事には困っちゃいますよね。では、高い査定額を出す不動産会社のメリットとは何でしょうか。
狙いは「専任媒介契約を行った後、金額をどんどん下げていき、売れる金額まで落とす」ことです。3800万円でスタートして2週間後、問い合わせが無かったからとさっそく価格値下げ提案。(3800→3300万円)さらに2週間後、市場の動きが良くないとのことでまたまた価格値下げ提案(3300→2800万円)ようやく内見者が現れはじめるものの、なかなか決まらないので1か月後価格値下げ提案(2800→2600万円)気づけば、最初の査定額よりもずっと安い金額で売却することとなった・・・・。

では、どうしたら見極められるか?査定額の根拠が納得できるものか注目。

上記のような失敗談を、お客様からたまに聞きます。やはり高い査定額を出してくれた不動産会社に、頼みたくなっちゃうものなんですよね。
では、上記のように少しグレーゾーンな査定をしている業者と、きっちりと査定してくれた業者の見極めについては「納得できる根拠があるかどうか」が鍵です。仮に3800万円の査定額でも、実は未公開で2か月前に即決となったお部屋があった。最近同マンションでは事例が無かったが、すぐ近所で条件が似ている〇〇マンションが〇〇〇〇万円で売れている・・・といった納得できる根拠があれば大丈夫かと思います。逆に、根拠もよくわからない状態で「ウチなら絶対に3800万円で決まりますから!営業力がありますので!まかせて下さい!」となんとなく勢いで来る業者さんにはご注意を。

あと、不動産一括査定のアフィリエイトのサイトや広告で「こんなに高い査定額が出ました!」と煽りまくっている広告、あれはどうなのかな・・・と思ってしまうところはありますね。

一括査定サイトですが、一度に複数社の査定を受けられるとても便利なものです。しかしながら上手に使わないとストレスに感じてしまうこともあります。
査定額を知るには一社だけというのも今の時代は不安なところもありますので、セカンドオピニオンとして何社か相みつを取る事はおすすめです。

世田谷エリア、杉並エリア、中野エリアなら私の担当エリアですので、たかはしもお役に立てます^^
下記に一応案内書いておきますね。
たかはしに相談

その他、23区内では湾岸エリアのタワーマンション系は割と詳しいです。あとは東京都内の公団公社系(団地)も詳しいです。
もともと神奈川の店舗におりましたので、神奈川方面のご相談も頻繁に対応しております。

yasashigeサイトアイコン 高橋でした。

安心できる営業マンに売却をお願いしませんか?

CTA-IMAGE

私たかはしは、初年度に宅建取得、入社3年目にトップ営業マン表彰を受け、入社4年目で新宿配属となりました。
新宿という都心で頑張っていますが、もともとは東北から出てきた田舎者です。今でも売主様の物件の草むしりからお手伝いする初心を大切にしたいと思っています。
「押さない営業」スタイルを売りとし、売主様にも買主様にも迅速で気持ちのいいお取引になるよう心がけています。


担当エリアは世田谷区・中野区・杉並区です。たかはしにご連絡の際、当サイトから直接お問い合わせいただけますとスムーズですので、ぜひご利用ください。