【居住中のお部屋】高く売るためのご提案について

【居住中のお部屋】高く売るためのご提案について

住んだままの状態でご売却をはじめる方必見、高く売るためのご提案について

↓↓↓こちらの記事も合わせてご覧くださいませ↓↓↓
世田谷区でマンションを高く売るなら、この方法が一番。全国トップ営業マンが解説

差別化がしづらい居住中のお部屋

今都内の中古マンションにおいて半数近くが「居住中のままご売却活動」を行っております。
居住中のままでというのは、住みながら売却活動を行い、契約が決まってから引っ越しを行うという方法です。
当然毎日そこで生活をしているわけなので、日々の生活をしながら購入検討者にご見学して頂くこととなります。

住んだままでも、お荷物がある状態でも、空室に近い状態でお部屋の写真を公開!?

居住中のままご売却をスタートする場合に弊社でお勧めしている販売戦略です。”空室に近い状態をCG加工にて作成”し、購入検討者のイメージを膨らませます。生活感のある写真を減らし、より良い印象を与えることができます。

資料3:家具消しCG画像加工

↓↓ ビフォーアフターのイメージです。このような形で加工いたします。
家具消しイメージ

居住中の場合は、やはり室内写真が乗せづらかったりすることで広く宣伝が行えないものです。また不特定多数の方に個人を特定される心配がある方にもおすすめのサービスです。

専任媒介契約時は無料にてご利用可能

こちらのサービスは、弊社で専任媒介契約で売却をスタートされる場合は別途の費用は不要です。(売却契約成約時、所定の仲介手数料が発生いたします)

※予告無くサービスを終了することがございますので予めご了承ください。
※サービス適用については、物件条件等ございます。詳細はお問合せください。

その他詳細については高橋までお気軽にお問合せくださいませ。

安心できる営業マンに売却をお願いしませんか?

CTA-IMAGE

私たかはしは、初年度に宅建取得、入社3年目にトップ営業マン表彰を受け、入社4年目で新宿配属となりました。
新宿という都心で頑張っていますが、もともとは東北から出てきた田舎者です。今でも売主様の物件の草むしりからお手伝いする初心を大切にしたいと思っています。
「押さない営業」スタイルを売りとし、売主様にも買主様にも迅速で気持ちのいいお取引になるよう心がけています。


たかはしにご連絡の際、当サイトから直接お問い合わせいただけますとスムーズですので、ぜひご利用ください。